健康に良いお風呂の入り方

健康は、血行によって保たれる部分も多いです。結構改善により、酸素や栄養分が全身に行きわたるためです。血行を改善するには、温めることが一番ですので、健康に良いお風呂の入り方をご紹介します。まず、温度ですが、お湯が熱すぎると、血管が収縮し逆効果になる可能性がありますので、38~40℃ぐらいがおすすめの温度です。また、首元まで浸かると、水圧により血液を送り出す心臓に負担をかけてしまいますので、半身浴が良いでしょう。入浴時間は10分入って5分出ることを3セット行うのが効果的です。メリハリをつけて入ることで冷え性も改善できます。

健康的なお風呂の入り方

お風呂はその日1日の汗を流し、体をきれいにする意味で入る人もおられます。しかし、入浴にはそれ以外に健康的な体を保つ目的としてもあります。入浴時の湯船の温度としてもっとも適した温度が39℃です。39℃では低いと感じる人も思われますが、40度以上となるとストレスを感じる温度となります。39℃の温度は適度な発汗を促し、代謝を促進します。39℃の湯船に15分ほど入り、その後に体を洗い流して、体温が下がらないうちに着衣を身につけます。体温が適度に上昇することで、血液循環が良くなります。これにより質の良い睡眠が可能で、健康維持となります。

↑PAGE TOP